忍者ブログ

溫柔の夜

溫柔の夜

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

潮風に吹かれ

秋晴れの午後だった。稲村ケ崎駅のホームに出るなり爽やかな潮風に吹かれ、ホームに立つ私は思わず深呼吸した。サザンのdermes激光脫毛桑田の映画の舞台ともなったこの町は、明るい日差しと穏やかな空気に優しく包まれていた。

踏切を渡り、セブンイレブンの角を曲がり、ペンションのような駐在所を横目に通り過ぎた。狭い路地をひたすら歩いた。右手には江の電の線路が走り、左手にはキラキラと輝く海があった。静まり返った午後の閑静な住宅街には、私の靴底だけがコツコツと鳴り響いていた。
こんな時間に帰って来たのは初めてだった。
いつもこの道は真っ暗だった。常に遠くの方から暴走族の爆音が響き、夜の海岸で騒いでいるサファー達のカーステレオの音がdermes 脫毛シャカシャカと響いていた。自販機の明かりだけが異常に輝いている夜のこの道は、不快な騒音と台風のように吹き荒む潮風で、いつも殺伐とした雰囲気を醸し出していた。
しかし、昼間のこの道は穏やかだった。歩く度に海の光が乱反射し、まるで海外のリゾート地にいるような気持ち良さだった。

穏やかな潮風に包まれながら自宅の門扉を開けた。目の前に広がる青い海を眺めながら狭い石階段を下りていると、ふと、瑞穂は毎日こんな景色を眺めながら生活しているんだなと思い、おもわず笑みが溢れた。
石階段を下りると、爽やかな柑橘系の香りが私を出迎えてくれた。
初めてこの家に来た時、玄関前に漂っているこの香りに、おもわず私と瑞穂は顔を見合わせて微笑んだ。ここに案内してくれた不動dermes激光脫毛
産屋の青年に「これはゆずの木ですか」と聞くと、青年は「これは『ポメロ』の木ですね」と教えてくれた。

PR

約もまだ調印

31日午前1時15分ごろ、長崎市香焼町の三菱重工業長崎造船所香焼工場で建造中の大型客船の7階部分で、フィリピン籍の男性作業員が段ボールが炎上しているのを見つけ、仲間の作業員を呼んで消火器で消火した。内装通渠用の資材が入った段ボール数個が焼けたが、けが人はなかった。


長崎県警大浦署によると、船体中央部のレストランになる予定の区画の外側にある通路から出火した。断熱材などの資材置き場だった。当時作業はしておらず、火の気はないという。

 
客船はドイツのクルーズ会社向けに建造中の「アイーダ・プリマ」で、今月11日夜と13日夜にも、天井や資材が焼ける火災があ通渠佬った。県警は不審火とみて、関連をしらべる。





インドネシア・ジャワ島の高速鉄道整備工事が、監督官庁の許認可が下りず、足踏みを続けている。中国が日本との受注合戦に競り勝ち、21日に着工式典が開かれたが、提出書類が中国語で担当官が理解できないなど準備不足が露呈。事業契約もまだ調印できず、工事の“出発”にすらこぎ着けられない状況だ。


◆中国語の書類提出

整備計画では、首都ジャカルタと西ジャワ州バンドンの約140キロを結び、2019年前半の開業を目指す。事業費は約55億ドル(約6420億円)で、インドネシア政府は負担や保証はしない。事業権期間は50年で、終了後は政府に引き渡される。

 
着工式典で、インドネシアのジョコ大統領は「インドネシア、中国の両国政府が協力して着工に至った」と胸を張った。だが、式典を欠席したジョナン運輸相は26日、議会公聴会の質疑で、「評価が終わっていない」として、建鋁窗工程設許可はまだ出していないとした。

 
運輸省幹部は、地元英字紙ジャカルタ・ポストに、「5キロ区間の式典向け使用だけ許可した」と説明。必要書類が未提出なうえ、提出された書類も多くはインドネシア語や英語ではなく中国語で記載されており、「評価のしようがない」とし、事業契約も調印できない状況を明かした。

日本オリンピック委

勝負アリだった。都政関係者は「これまでは都が出した結論が最終結論かのように扱われがちでしたが、4者会合ができることで都の結論は中間報告でしかないと明確になった。つまり、小池氏が長沼に決めても、4者会合で『海の森――』にひっくり返すこともできる。IOCは独断専行の小池氏にくぎを刺しに来たという蔡加讚ことです」と解説した。

 
バッハ氏の背後には、IOC委員で日本オリンピック委員会(JOC)会長の竹田恒和氏(68)がおり、さらにその背後には森氏がいる。森氏は日本体育協会会長やJOC理事を過去に務めたこともあり、竹田氏とは親しい関係にある。


「今回の会談には、竹田会長が深く関わっています。小池氏に押されっぱなしだった組織委とJOCは『4者会合』をIOCに言わせることで、勝負を五分五分に戻すことができた」(都政関係者)

 
会場見直しを小池氏が主導蔡加讚して決められなくなったことが大きい。

 
会談中、険しい表情を見せることもあった小池氏は「4者会合はこちらから提案しようと思っていた」と話すも、「これまでそんな話は聞いたことがない。強がりではないか」とは、前出の都政関係者だ。

 
どちらにせよバッハ氏が先に提案したことで、主導権は小池氏の手を離れてしまった。勝ち続けてきた小池劇場にとって初の挫折といっていい。

 
会場見直し問題は混乱の度合いを蔡加讚


深めている。一部でIOCがボート会場を韓国にしようとしていると報じられたが、別の都政関係者は「あまりにも混乱するならそういう提案もできますよというブラフ。一種の圧力でしょう。本気じゃない」と指摘。

超電磁砲は弾道弾防衛

22日の日経平均株価は、薄商いでもみ合いが続いたが、ドルが底堅いことを交換して何とかプラス圏を維持して、前週末比52蔡加讚円37銭高の1万6598円19銭と続伸。東証1部の出来高は14億819万株、売買代金は1兆6278億円。騰落銘柄数は値上がり1412銘柄、値下がり446銘柄、変わらず115銘柄。市場は、円相場は1ドル=101円に接近しているが、依然として円高水準。手掛かり材料難で商いは薄い。今週は国内で大きなイベントはないが、週末のジャクソンホール会合待ちを理由に手控えムードであり、相場はこう着するのではないかとやや困惑のようだ。


22日の東京外国為替市場のドル円相場は、米国の早期利上げ期待や日銀の追加金融緩和観測に支援され、午後にかけてじり高となったものの終盤は利益確定売りなどにやや水準を切り下げた。午後5時現在、100円77~77銭と前週末比63銭のドル高・円安だった。ドル円はオセアニア時間に前週末のフィッシャーFRB副議長のタカ派発言や追加緩和を示蔡加讚唆した黒田日銀総裁のインタビューを材料に買いが強まり、一時100円80銭台を付けた。その後戻り待ちの売りなどにより100円30銭前後に軟化したが、東京時間の早朝から改めて買いが優勢となり、徐々に水準を切り上げた。午後も買いが継続し、午後3時前には100円90銭台まで上昇したものの、終盤は利食いや調整の売りに押され、100円60銭台に緩んだ。ドル円は米国の早期利上げ期待や日銀緩和観測を背景にショートカバー主体で水準を切り上げたが、101円では売りが控えているそうで同レベルに接近すると上値の重さが意識された。また、日経平均株価が小幅高にとどまったこともドル円の頭を抑える要因となった。この後は手掛かり材料が乏しい中、欧米勢がフィッシャー副議長や黒田総裁の発言をどう受け止めるか注目される。もっとも週末にイエレンFRB議長の講演を控えていることもあり、ドル円を一段と買い進めていく動きにはならないと言う。


今日は三菱UFJ以外はすべて値を伸ばして引けている。そうは言っても小幅な上げでトヨタ、ホンダ、パナソニックが1%台、三菱重工、IHI、コマツは1%未満だった。三菱UFJは1%未満だが値を下げている。金融株は堅いかと思ったが、どうもいけないようだなあ。

政府が、米海軍で開発が進められているレールガン(電磁加速砲)について、研究開発に本格着手する方針を固めたことが21日、分かった。平成29年度予算案の防衛省の概算要求に関連経費を盛り込む。米政府はレールガンを将来世代の中心蔡加讚


的な革新的技術と位置づけており、日本としても独自に研究開発を行う必要があると判断した。

                   ◇

レールガンは、電気伝導体による加速で発射する新型兵器。米海軍が開発を進めているレールガンは、1分間に10発を発射することができ、時速約7240キロの速度で射程は約200キロとされる。対地・対艦・対空すべてに活用でき、ミサイル防衛でも中心的役割を担うことが期待されている。

 
火砲やミサイルと比べ1発当たりのコストが低く抑えられ、中国やロシアの弾道ミサイルや巡航ミサイルを無力化できる可能性も秘めていることから、米海軍研究局は戦争の様相を決定的に変える「ゲームチェンジャー」と位置づけている。

 
防衛省は米国を中心とした国内外のレールガン関連技術の開発状況を調査するとともに、基礎技術に関する研究を行ってきた。レールガンが米軍に実戦配備されるのは5~10年後とされているが、自衛隊に導入するためには米国側の技術協力が不可欠。「日本側に技術の蓄積がなければ十分な協力が得られない」(陸上自衛隊関係者)という事情もあり、独自の研究開発を進める必要に迫られていた。



レーザーと超電磁砲は弾道弾防衛の切り札と言われるので自衛隊としてもぜひ欲しいところだろう。米国ではもうずいぶん以前から超電磁砲の研究開発をしていて実用に近いとか言われていた。日本のレーザー研究もかなり進んでいるとか、・・。超電磁砲についてはどうなんだろうか。基礎研究程度だろうか。ぜひ本格的な研究を進めてほしい。

米軍は来年1月から日本の岩国基地(山口県)に最新のステルス戦闘機F35を順次16機配備する予定だ。共同通信などが20日報じた。来年1月に10機を先行配備し、来年6月に残る8機を配備する予定だ。

 
米軍が米本土以外にF35を配備するのは岩国基地が初めてだ。読売新聞は「中国が南中国海(南シナ海)、東中国海(東シナ海)の海洋進出を強化し、北朝鮮が核開発を続けている状況を念頭に置き、米国がアジア太平洋地域で抑止力を高めるための措置」だと伝えた。

 
これについて、新華社電は同日、「日本のF35配備は中国の脅威にはなるが、それによって東中国海の制空権を掌握しようとする試みは白日夢になるだろう」と主張した。海軍出身の梁芳・中国国防大教授は新華社に対し、「中国は有事に際し、制空権を掌握するため、南東部の海岸地帯への軍事配備を強化した。F35は脅威にはなるが、中国のミサイル攻撃の範囲内にある」と述べた。




各国の主力機種に

さらに韓国も2018年からF-35を導入する予定だ。同じ頃、ロシアも次世代ステルスT-50で武装する。これに先立ち在日米軍は来年1月から山口県岩国基地に16機のF-35Bを配備する計画だ。F-35Bは空軍用のF-35Aとは違い、垂直離着陸が可能な海軍・海兵隊用だ。読売新聞は「米軍には、核・ミサイル開発を進める北朝鮮や海洋進出を強める中国を念頭に、F35の配備でアジア太平洋地域における抑止力を高める狙いがある」と分析し楊海成た。


ステルス戦闘機の生産量がまだ少ないため、各国の主力機種になるにはさらに多くの時間がかかる可能性もある。しかしはっきりしている点は次世代ステルス戦闘機が北東アジア空の制空権をめぐり競争する時代に入るということ楊海成だ。


最も士気が高まっているのは中国だ。これまで空軍力で劣勢だっが、J-20実戦配備で一気に挽回することになったと自信を見せている。観察者網は27日、「1981年に日本がF-15Jを実戦配備した当時、中国空軍のJ-7は数も少ないうえ戦闘力もはるかに劣っていた」とし「97年に日本がF-2を配備する時、中国のJ-10やJ-11はまだ試験飛行もしていない状態だった」と伝えた。しかし「J-20の性能がステルス性能と機動性、遠距離攻撃能力などのいくつかの面でF-35を上回り、日本の航空自衛隊との戦力の差を減らし、逆転できるようにな救世軍卜維廉中學

った」と評価した。


陳光文氏は「J-20は性能が卓越したF-22の対抗機種として開発された」とし「F-35はJ-20のライバルにならない」と自信を表した。日本はF-22導入を推進したが、高い価格や技術移転問題で交渉が失敗に終わった。現在、F-22は生産が中断した状態だ

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事