忍者ブログ

溫柔の夜

溫柔の夜

ただ絵画に集中し

電話に出た神父は、美咲の能力とは無限にある能力であって科学的物理的には証明はできない、稀に見る能力である事を知らせた。
そして、経験豊富で専門的知識迪士尼美語世界のある臨床心理士は、美咲の様な子供をカウンセリングをした事があるようだった。
さらに神父は電話を受ける。
経験豊富であるフリーの精神科医での判断は科学的根拠がない為、一人の精神科医では判断してはならないという理由で、もう一人専門の病院の精神科医は美咲の絵画を見せてもらいたいという。 
そして、美咲に一度会って見たいという事だった。
神父は、是非、会ってもらいたいと伝える。

美咲は、年1回の誕生日だけ外出するが、施設から一歩も外に出ることはない、声かけしても返事すらする事もない。
精神科医と臨床心理士によって、良い治療ができ、専門の医師であれば、神父は美咲が変ってくれるかもしれないと思っていた。
数日後、医師と臨床心理士の方が施設へ来たのだが、美咲は、いつも通り、部屋へ閉じこもったまま、静かに絵を描楊海成くだけだった。
まず、セラピストが声をかけてみる、次に臨床心理士が声をかけてみるが、ただ絵画に集中し没頭していた。

美咲を見ながら声をかけると、セラピストと臨床心理士は不思議と自分が美咲の部屋にいるという意識が薄らいでいくのを感じていた。
セラピストと臨床心理士は、同じ感覚で心の中で思い見つめ合った。
「私達は、ここには居ないの、この子を見ている私自身の存在が薄れていくようだ」
セラピストと臨床心理士の「魂」が消えたり薄らと見え隠れしていたのだ。
そして、身体の力が抜けていくのを感じ、その場から離れた。
「先生、私達には無理です、声をかける事はしましたが、それ以外の事は全く出来ません」

セラピストと臨床心理士の報告を陳柏楠
受けた病院の精神科医は、これまでの気になる絵を見せてもらえるよう神父に言った。
神父は、スケッチブックを2冊をもって、病院の精神科医と経験豊富な臨床心理士のもとへ向かう。
「何という絵なんだ、まだ幼い子が描く絵ではない、何故だ信じられない」
「私にも信じられませんが、何かを訴えているような感覚になります」
病院の精神科医と臨床心理士は、現実のもののように鮮明に描かれている絵を見て驚きを隠せなかった。

長く接していたセラピストから美咲の事を聞いていた臨床心理士は、精神科医へ言った。
「私は、もうあの部屋にはいけません、あの部屋に入ると何故か力が抜けるような感じがして」
「そんな事が、あるはずがないだろ、一般的な症状を持つ幼い子供だろ」
精神科医師は、ゆっくり美咲のもとへ行き、声をかけた。
「こんにちは、君の名前は、美咲さんと言ったね、君の描く絵は現実にあるものではないのかな」
精神科医の言葉は、美咲の絵を描く手を止めさせ、美咲は、顔を医師に向ける。
PR

自分が美咲の部屋に

電話に出た神父は、美咲の能力とは無限にある能力であって科学的物理的には証明はできない、稀に見る能力である事を知らせた。
そして、経験豊富で専門的知識のあ救世軍卜維廉中學
る臨床心理士は、美咲の様な子供をカウンセリングをした事があるようだった。
さらに神父は電話を受ける。
経験豊富であるフリーの精神科医での判断は科学的根拠がない為、一人の精神科医では判断してはならないという理由で、もう一人専門の病院の精神科医は美咲の絵画を見せてもらいたいという。 
そして、美咲に一度会って見たいという事だった。
神父は、是非、会ってもらいたいと伝える。

美咲は、年1回の誕生日だけ外出するが、施設から一歩も外に出ることはない、声かけしても返事すらする事もない。
精神科医と卜維廉中學
臨床心理士によって、良い治療ができ、専門の医師であれば、神父は美咲が変ってくれるかもしれないと思っていた。
数日後、医師と臨床心理士の方が施設へ来たのだが、美咲は、いつも通り、部屋へ閉じこもったまま、静かに絵を描くだけだった。
まず、セラピストが声をかけてみる、次に臨床心理士が声をかけてみるが、ただ絵画に集中し没頭していた。

美咲を見ながら声をかけると、セラピストと臨床心理士は不思議と自分が美咲の部屋にいるという意識が薄らいでいくのを感じていた。
セラピストと臨床心理士は、同じ感覚で心の中で思い見つめ合った。
「私達は、ここには居ないの、この子を見ている私自身の存在が薄れていくようだ」
セラピストと臨床心理士の「魂」が消えたり薄らと見え隠れしていたのだ。
そして、身体の力が抜けていくのを感じ、その場から離れた。
「先生、私達には無理です、声をかける事はしましたが、それ以外の事は全く出来ません」

セラピストと臨床心理士の報告を受けた病院の精神科医は、これまでの気になる絵を見せてもらえるよう神父に言った。
神父は、スケッチブックを2冊を生髮

もって、病院の精神科医と経験豊富な臨床心理士のもとへ向かう。
「何という絵なんだ、まだ幼い子が描く絵ではない、何故だ信じられない」
「私にも信じられませんが、何かを訴えているような感覚になります」
病院の精神科医と臨床心理士は、現実のもののように鮮明に描かれている絵を見て驚きを隠せなかった。

長く接していたセラピストから美咲の事を聞いていた臨床心理士は、精神科医へ言った。
「私は、もうあの部屋にはいけません、あの部屋に入ると何故か力が抜けるような感じがして」
「そんな事が、あるはずがないだろ、一般的な症状を持つ幼い子供だろ」
精神科医師は、ゆっくり美咲のもとへ行き、声をかけた。
「こんにちは、君の名前は、美咲さんと言ったね、君の描く絵は現実にあるものではないのかな」
精神科医の言葉は、美咲の絵を描く手を止めさせ、美咲は、顔を医師に向ける。

制初の大きな試合だか

燻った気分で春休みは終わり、大学2年の生活がスタートした。結局、幟はあの翌日、俺と顔を合わせないように早朝に帰京し、すぐさま学園の寮に戻ってしまったので、夏休みまで会うことは叶わなくなった。
幟に襲われた時、ボーッとした居屋加按頭ながらも愛の告白を聞いた気がしたが、俺は射精で脱力して間もなく眠りに落ち、幟がいつ部屋から去ったのかも覚えていない。キスをされ、弟なのに不覚にも俺のモノが反応し、それを確認した幟が図に乗り・・・。

その時、確かに告白された気がするのだが、ムード作りの口から出任せだったのか、本心だったのか、素面の頭で確かめようと思っていたのに、翌日、幟は逃げるように那須を離れてしまった。夏休みまでの時間が幟の頭を冷やしてくれるだろうから、まあ、いい。次に会った時の出方次第だ。それよりも春休み中、放ったらかしにしていた曽根崎晶はどうしているだろうか?

いや、彼女は放ったらかされたという自覚すらなく、バレーボールに執筆業に、充実した毎日をおくっていたに違いない。2年生の講義は依然、分校舎で行われていたが、教養より専門の割合が増えてくるので、学部が違う晶とは重pHF配方複する講義がほとんど無くなり、示し合わせでもしないと、キャンパスで会うのが益々困難になってきた。

講義の後はパレーの練習や家庭教師のバイトで時間が取れないという晶の都合に合わせて俺達は学食で落ち合って昼食を共にした。晶に春休みをどう過ごしたか尋ねると、ゴールデンウィークに首都圏国公立大バレーボールサークルのトーナメントがあるから、それに向けた練習に明け暮れてた。先輩が卒業しちゃった後の新体制初の大きな試合だから、色々タイヘンでね・・・。

3年生も就活開始で浮き足立っちゃってて、2年が中心のメンバー編成になるから、責任重大なんだ・・・」と言って、フーッと大きく溜息をついた。俺は密かにゴールデンウィークに晶をどこか旅行に誘おうと考えていたので、出鼻を挫かれた。幟との訳のわからない出来事を晶と身体を重ねることで上書きしたかったのだ。
旅行がダメとなると、ど
うするか・・・。思案していると、傑、もし、都合がついたら、ゴールデンウィークに試合を観に来ない?サークルの身分だと応援に来てくれる人が少なくて寂しいんだよね。

応援は多いほど、張り合いが出るってもんじゃない?別に大声張り上げて応援しろ!・・・とは言わないからサ」、サクラ要員に見込まれたような誘い方をされてしまった。考えてみれば、俺は晶がバレーに打ち込んでいる姿を見たことがなかった。バレーの練習だから・・・」と、デートの予定を断られたり、変更させられたりする度、俺の心は確実に擦り減っていったので、いつの間にか、“晶がバレーの時はそっとしておいてあげる”スタイルが俺の中で確立されていたのだ。

聞きたくない言葉に関連する物は見たくもなくなるものらしい・・・。
晶の誘いでその無意識に築かれていた奇妙な連鎖にはたと気付かされ、俺自身も改めるべきと思えたので、観戦に行くことにした。

魅了されながら、ある事

美咲は教会が運営する施轉按套現設での生活は、7才になっても相変わらず、会話もとろうとしない。
真理と同じ小学生だが、入学式後は修道院の部屋に閉じこもったままだった。
神父、修道院の修道僧、孤児施設の職員が、声をかけても表情は全く変わらない、眼を合わせる事もしない。
ただ声をかけると顔を見上げるだけで言葉での返事はない、微笑みや笑顔もない。
美咲の眼は、ただ一点だけに集中し下向き加減で、床を見ているだけで、すぐに部屋に閉じ込もってしまう。
部屋から出るのはトイレに行く、食堂で食事をとるだけである。

食堂では決められた時間で食事が出されるが、美咲の場合は食道に誰も居なくなってからであった。
そして、食道で美咲と一緒に居られるのは、美咲の心を開かせようとするセラピストだけであった。
しかし、その時間は限られ、美咲の行動に合わせる事が精一杯のセラピストである。
ただ美咲は、徐にセラピストの顔を見て、眼を合わせる時が稀にあった。
眼を合わせる時の美咲は、以前は神父に渡していたが、カウンセラーに渡す事もあった。
美咲の絵を見たセラピストは、構図や色彩を見ながら徐々に美咲を分析する事が出来る様になる。

セラピストは、美咲の心にあるものに、魅了されながら、ある事に気づき始めていた、しかしそれは仮説の段階であり、神父には伝える事はなかった、良きタイミングを見計っていた様だ。
「神父様、過去の美咲さんの絵を見せてもらえないでしょうか」
「はい、美咲様の絵は、こちらの部屋にあります、何か感じるものがありましたか?」
「いいえ、申し訳ありません濕疹、今はまだ何もわかりません」
「そうでしたか、今後も美咲様を宜しくお願いします」
神父とセラピスの会話である。

その部屋は特に広い部屋ではなく、美咲だけの絵画を置くだけの保管する部屋である。
神父はセラピストに、過去からのスケッチブックを机の上に置き、その場から静かに去っていく。
セラピストは部屋の雰囲気に何かを感じたのか、周囲を見回していた。
「何故、この部屋なのだろう?」
床以外の天井や壁に花々や海や森など自然の風景に天使、イエスキリスト、聖母マリアの彫刻が施されている。
セラピストは、美咲は孤独という障害を持って生きてるのではなく、富や繁栄の愛情に恵まれた人生を送っているのではないかと思い感じていた。

船有三種:大船專供宴遊之用

揚州從隋煬帝以來,是詩人文士所稱道的地方;稱道的多了,稱道得久了,一般人便也隨聲附和起來。直到現在,你若向人提起揚州這個名字,他會點頭或 搖頭說:好地方!好地方!特別是沒去過揚州而念過些唐詩的人,在他心裏,揚州跟團去泰國真像蜃樓海市一般美麗;他若念過《揚州畫舫錄》一類書,那更了不得了。但在一 個久住揚州像我的人,他卻沒有那麼多美麗的幻想,他的憎惡也許掩住了他的愛好;他也許離開了三四年並不去想它。若是想呢,--你說他想什麼?女人;不錯, 這似乎也有名,但怕不是現在的女人吧?--他也只會想著揚州的夏日,雖然與女人仍然不無關係的。
  北方和南方一個大不同,在我看,就是北方無水而南方有。誠然,北方今年大雨,永定河,大清河甚至決了堤防,但這並不能算是有水;北平的三海和頤 和園雖然有點兒水,但太平衍了,一覽而盡,船又那麼笨頭笨腦的。有水的仍然是南方。揚州的夏日,好處大半便在水上--有人稱為瘦西湖,這個名字真是太瘦 了,假西湖之名以行,雅得這樣俗,老實說,我是不喜歡的。下船的地方便是護城河,曼衍開去,曲曲折折,直到平山堂,--這是你們熟悉的名字--有七八裏河 道,還有許多杈杈椏椏的支流。這條河其實心跳錶也沒有頂大的好處,只是曲折而有些幽靜,和別處不同。
  沿河最著名的風景是小金山,法海寺,五亭橋;最遠的便是平山堂了。金山你們是知道的,小金山卻在水中央。在那裏望水最好,看月自然也不錯--可是我還不曾有過那樣福氣。下河的人十之九是到這兒的,人不免太多些。法海寺有一個塔,和北海的一樣,據說是乾隆皇 帝下江南,鹽商們連夜督促匠人造成的。法海寺著名的自然是這個塔;但還有一樁,你們猜不著,是紅燒豬頭。夏天吃紅燒豬頭,在理論上也許不甚相宜;可是在實 際上,揮汗吃著,倒也不壞的。五亭橋如名字所示,是五個亭子的橋。橋是拱形,中一亭最高,兩邊四亭,參差相稱;最宜遠看,或看影子,也好。橋洞頗多,乘小 船穿來穿去,另有風味。平山堂在蜀岡上。登堂<桑黄可見江南諸山淡淡的輪廓;山色有無中一句話,我看是恰到好處,並不算錯。這裏遊人較少,閑坐在堂上,可以永 日。沿路光景,也以閑寂勝。從天寧門或北門下船。蜿蜒的城牆,在水裏倒映著蒼黝的影子,小船悠然地撐過去,岸上的喧擾像沒有似的。
  船有三種:大船專供宴遊之用,可以挾妓或打牌。小時候常跟了父親去,在船裏聽著謀得利洋行的唱片。現在這樣乘船的大概少了吧?其次是小劃子,真 像一瓣西瓜,由一個男人或女人用竹篙撐著。乘的人多了,便可雇兩只,前後用小凳子跨著:這也可算得方舟了。後來又有一種洋劃,比大船小,比小劃子大,上支 布篷,可以遮日遮雨。洋劃漸漸地多,大船漸漸地少,然而小劃子總是有人要的。這不獨因為價錢最賤,也因為它的伶俐。一個人坐在船中,讓一個人站在船尾上用 竹篙一下一下地撐著,簡直是一首唐詩,或一幅山水畫。而有些好事的少年,願意自己撐船,也非小劃子不行。小劃子雖然便宜,卻也有些分別。譬如說,你們也可 想到的,女人撐船總要貴些;姑娘撐的自然更要貴啰。這些撐船的女子,便是有人說過的瘦西湖上的船娘。船娘們的故事大概不少,但我不很知道。據說以亂頭粗服,風趣天然為勝;中年而有風趣,也仍然算好。可是起初原是逢場作戲,或尚不傷廉惠;以後居然有了價格,便覺意味索然了。
  北門外一帶,叫做下街,茶館最多,往往一面臨河。船行過時,茶客與乘客可以隨便招呼說話。船上人若高興時,也可以向茶館中要一壺茶,或一兩種小 籠點心,在河中喝著,吃著,談著。回來時再將茶壺和所謂小籠,連價款一併交給茶館中人。撐船的都與茶館相熟,他們不怕你白吃。揚州的小籠點心實在不錯:我 離開揚州,也走過七八處大大小小的地方,還沒有吃過那樣好的點心;這其實是值得惦記的。茶館的地方大致總好,名字也頗有好的。如香影廊,綠楊村,紅葉山 莊,都是到現在還記得的。綠楊村的幌子,掛在綠楊樹上,隨風飄展,使人想起綠楊城郭是揚州的名句。裏面還有小池,叢竹,茅亭,景物最幽。這一帶的茶館佈置 都曆落有致,迥非上海,北平方方正正的茶樓可比。
  下河總是下午。傍晚回來,在暮靄朦朧中上了岸,將大褂折好搭在腕上,一手微微搖著扇子;這樣進了北門或天寧門走回家中。這時候可以念又得浮生半日閑那一句詩了。

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事