忍者ブログ

溫柔の夜

溫柔の夜

潮風に吹かれ

秋晴れの午後だった。稲村ケ崎駅のホームに出るなり爽やかな潮風に吹かれ、ホームに立つ私は思わず深呼吸した。サザンのdermes激光脫毛桑田の映画の舞台ともなったこの町は、明るい日差しと穏やかな空気に優しく包まれていた。

踏切を渡り、セブンイレブンの角を曲がり、ペンションのような駐在所を横目に通り過ぎた。狭い路地をひたすら歩いた。右手には江の電の線路が走り、左手にはキラキラと輝く海があった。静まり返った午後の閑静な住宅街には、私の靴底だけがコツコツと鳴り響いていた。
こんな時間に帰って来たのは初めてだった。
いつもこの道は真っ暗だった。常に遠くの方から暴走族の爆音が響き、夜の海岸で騒いでいるサファー達のカーステレオの音がdermes 脫毛シャカシャカと響いていた。自販機の明かりだけが異常に輝いている夜のこの道は、不快な騒音と台風のように吹き荒む潮風で、いつも殺伐とした雰囲気を醸し出していた。
しかし、昼間のこの道は穏やかだった。歩く度に海の光が乱反射し、まるで海外のリゾート地にいるような気持ち良さだった。

穏やかな潮風に包まれながら自宅の門扉を開けた。目の前に広がる青い海を眺めながら狭い石階段を下りていると、ふと、瑞穂は毎日こんな景色を眺めながら生活しているんだなと思い、おもわず笑みが溢れた。
石階段を下りると、爽やかな柑橘系の香りが私を出迎えてくれた。
初めてこの家に来た時、玄関前に漂っているこの香りに、おもわず私と瑞穂は顔を見合わせて微笑んだ。ここに案内してくれた不動dermes激光脫毛
産屋の青年に「これはゆずの木ですか」と聞くと、青年は「これは『ポメロ』の木ですね」と教えてくれた。

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事