忍者ブログ

溫柔の夜

溫柔の夜

去年の段階でヒカル

ホンジョウさん、<a style="color:#333333;text-decoration:none;" href="http://www.putao.com.tw/blogReply/111492">dermes 脫毛</a>これは3次元のロジックでは簡単に説明出来ることではないの。
ただし、あなたが疑問に思っているいくつかのことに答えるとするならば???、あっちの世界でヒカルであったところのユナとあなたの魂の因縁を解決することが、今回の結界エネルギー調合にとって必要だったってこと。

世界はね、ホンジョウさん、実は一度???、去年の段階でヒカルの存在を消すために改変されているのよ。
そしてそのグループソウルであるユナが、今わたしたちがいるこの世界に誕生した」

か、改変?」
ええ、つまりもうひとつのパラレルワールドへの変換と言うこと。
この世界への変換は、これからの<a style="color:#333333;text-decoration:none;" href="http://mesotw.com/?uid-16465-action-viewspace-itemid-15055">dermes 脫毛</a>
アセンションステップにはどうしても必要だったんだけれど???、まあそれとはまた別にあの3.11は避けることは出来なかったと言うこと。
ただ今回この世界ではその後すぐに起こるとされていた『大規模な余震による首都圏壊滅』は避けることが出来ると言うオプションが残されていた。
そしてその鍵を握っていたのが、ユナとあなただった。

そして最後に付け加えて言うならば、この???、今回の3.11の地震発生を計画したある結社の中枢にいたのがあたしの義理父、つまりユナの実父であるとことのジンナイショウタロウだった」

じ、ジンナイショウタロウって?」

するとそのわたしの混乱をさらに助長させていたジェシカの話を補足するかのようにスナガワがこう語り始めた。
ホンジョウさん、今回の震災についてわたしが以前あなたに話したその工作グループについてですが???、それは単純にアメリカやら、軍産共同体やら、闇の権力やらなどと言ったものではなかったと言うことなんですよ。
むしろ今回の地震によりビル?ゲイツを中心に小型原発での次世代エネルギー開発を計画していたアメリカの主要グループの連dermes 脫毛中は、その撤退を余儀なくされてしまった。
以前わたしがあなたに話したように今回の3.11を計画したのはそれに対抗し、さらにその次の世代のエネルギー開発を過激な形で推進しようとしていた光の機関の中の過激派とでも言える小集団の仕業です。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事