忍者ブログ

溫柔の夜

溫柔の夜

日本オリンピック委

勝負アリだった。都政関係者は「これまでは都が出した結論が最終結論かのように扱われがちでしたが、4者会合ができることで都の結論は中間報告でしかないと明確になった。つまり、小池氏が長沼に決めても、4者会合で『海の森――』にひっくり返すこともできる。IOCは独断専行の小池氏にくぎを刺しに来たという蔡加讚ことです」と解説した。

 
バッハ氏の背後には、IOC委員で日本オリンピック委員会(JOC)会長の竹田恒和氏(68)がおり、さらにその背後には森氏がいる。森氏は日本体育協会会長やJOC理事を過去に務めたこともあり、竹田氏とは親しい関係にある。


「今回の会談には、竹田会長が深く関わっています。小池氏に押されっぱなしだった組織委とJOCは『4者会合』をIOCに言わせることで、勝負を五分五分に戻すことができた」(都政関係者)

 
会場見直しを小池氏が主導蔡加讚して決められなくなったことが大きい。

 
会談中、険しい表情を見せることもあった小池氏は「4者会合はこちらから提案しようと思っていた」と話すも、「これまでそんな話は聞いたことがない。強がりではないか」とは、前出の都政関係者だ。

 
どちらにせよバッハ氏が先に提案したことで、主導権は小池氏の手を離れてしまった。勝ち続けてきた小池劇場にとって初の挫折といっていい。

 
会場見直し問題は混乱の度合いを蔡加讚


深めている。一部でIOCがボート会場を韓国にしようとしていると報じられたが、別の都政関係者は「あまりにも混乱するならそういう提案もできますよというブラフ。一種の圧力でしょう。本気じゃない」と指摘。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事